2019年11月09日

幸せになるための心の余裕の作り方と保ち方



心の余裕の作り方と保ち方



心に余裕があるとこんなにも人との環境が変わります。
そして人との関係もなのですが、自分の体調にも変化があります。
人との関係、自分の体調をしっかりと整えることが、
幸せになるためには必要なことになっています。
では心の余裕の作り方と保ち方を紹介していきます。



心の余裕の大切さが分かったところで、心の余裕の作り方を紹介します。

心の余裕の作り方

・生真面目になりすぎないで、「まあ、いいか」の気持ちを持つ
・うまくいかないときは、そんな時もあると諦める
・人を変えようと思わないで、自分が変わるようにする


この3つをしっかりと持っていれば、心に余裕を持つことが出来ます。
最初にこれを見たら、真面目ではいけなくて諦めてもいいのかな?と疑問に思うと思います。
実際僕自身もこの考えになるまでは、すごく抵抗がありました。
しかしこれこそが幸せになるコツだったのです。

生真面目になりすぎないで、「まあ、いいか」の気持ちを持つ
 これは真面目が行けないと言う意味ではありません。
 生真面目になりすぎると、あまりよくないと言う意味になっています。
 心に余裕を作るには、ポジティブな気持ちが大切になります。
 しかし生真面目になりすぎると、ポジティブな気持ちでスタートしても、
 少しのことでも気になりすぎてしまうことが多いので、
 だんだんと余裕がなくなってくるのです。
 これでは余裕がなくなっている状態なので、あまりよくないですよね。

 
悩むス~1.PNG


 その代わりに「まあ、いいか」の気持ちを持つと、
 生真面目になりすぎていたときに思っていた少しの事が気にならなくなり、
 常にポジティブな気持ちを保つことが出来るのです。
 
 そうすることで心に余裕が生まれるのです。 
 ある程度気になるところを見つけた方がいいのですが、
 生真面目になりすぎている時よりも心に余裕を持っている方が、
 色々なことに気付き、よりいい答えが生まれやすいのです。

ですから生真面目になりすぎず、
「まあ、いいか」の気持ちを持つことが大切なのです。


しかし最初はこの気持ちを持つことは難しいと思います。
「まあ、いいか」で本当にいいのかなと感じることも多いと思います。
それで悩んでしまうのであれば、少し時間を多く取りましょう。
1週間、1か月でこのような状態になるのは難しいので、
1年、2年とゆっくりと変わるように意識してみましょう。

心に余裕が出来ると今まで見ていた世界とは別の世界になります。
少しずつでもいいので心に余裕が出来るようにしましょう。

心の余裕が出てくると、だんだんと周りの環境にも変化が出てきますし、何よりも自分の体、心が変わるのでぜひ試してみて下さい。




スポンサード リンク






posted by まっつん at 22:00| Comment(0) | TrackBack(0) | うつ病になって得たもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック