2019年11月06日

泣くことは心のストレスを激減させる【最高のストレス解消法】


泣くことは心のストレスを激減させる

みなさんは最近泣いていますか?
ほとんどの方は、泣くことを我慢していると思います。
泣くことは、
恥ずかしい、自分のプライドが許せないという風に思っていることが多いです。
しかし泣くことは最高のストレス解消法になるのです。
何か大変なことや辛いことやしんどかったりすると、
子どもはすぐに泣いてしまう子が多いと思います。


fe5dd366.jpg


もちろん中には泣くことを我慢している子もいてると思いますが、
圧倒的に泣く子が多いのです。
大人になればなるほど、このような状態になり泣いてしまうと、
他の人から見ると、

この人はこれぐらいで泣いてしまうなんて、
だらしないという風に見られることが多いです。


これが原因で大人で泣く人はほとんどいないのです。
泣くことを我慢すると、さらにストレスが増え悩むことが多くなってしまうのです。


泣くことは最高のストレス解消法になるので、
我慢するともったいないですよね?
しかし他の人にそんな姿を見せたくない人が多いと思います。

悔しい時に流す涙は、ほかの人にとったらあまりいい風に思われないです。
嬉しい時に流す涙は、ほかの人にとったらいい風に見られます。


同じ涙でも、他人を意識してみるとこのような違いが出てきます。
ではどうすればいいのでしょうか?
それは、人のいないところに行くまで我慢しましょう。
その現場では必死にこらえて、人のいないところで泣くことも大丈夫です。
時間が経っても泣くことによって、
溜められたストレスは解消されるのです。
その時に我慢して、後でいっぱい泣くようにするとストレスは溜まりにくくなります。


僕が1番オススメする涙の流し方は、ドラマや映画です。

辛かったり悔しかったりするときに涙を流すこともいいのですが、
週末や休みの日に、泣くことによってストレスを解消する方法がオススメです。
さらに週末や休みの日に泣くと、
少しの期間はストレスに強くなっているのです。


data107.gif


いつもすぐにイライラしていたものに対しても受け流せるようになったり、
ストレスを感じていたものが感じなくなったりします。
ですから休みの日にもゆっくりするときに涙を流すことはオススメです。
涙を流すことが難しいかなと思う方でも、
だんだんとそのような感情になりやすくなってきますので、
継続して涙を流すようにしてみましょう。

いつの間にか涙を流そうと思わないでも、
自然と涙が出るようになり、泣き終わった後はスッキリとした気分になっていると思います。


よく自分の感情を我慢していませんか?
笑いたい時に笑ったり、泣きたい時に笑ったりすることは心の健康を保つためにも本当に必要なことです。
しかし今の社会ではなかなか受け入れることは、出来ないと思います。
簡単に誰かに対して怒ったり、笑いたいけどそういう場面ではない時は必ず我慢しますよね?
これは生きていく中では大切なことになりますが、ストレスも同じように溜まっています。


fe5dd366.jpg


最初は難しいですが、適度に自分の感情を吐き出すことが大切になります。
日頃から少しずつでもいいので、自分の素直な感情に目を向けてみませんか?


よく涙を流した後はスッキリとしていませんか?
泣き止むまで時間がかかるかもしれませんが、
そのあとは比較的スッキリとしており、頑張ろうという気持ちになります。
これは涙でストレスが解消されているからです。
これほど涙を流すということは、心のストレスに対して大切なことになります。
普段からあまり泣かないという方は、ぜひ意識を変えてみましょう。
泣いてスッキリとした気分になって、ストレスに強くなりましょう。


スポンサード リンク






posted by まっつん at 21:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ストレス解消法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック