2019年11月08日

適当に楽しむ〜自分の心に響いた言葉〜



適当に楽しむ


友達にこんなことを言うと、昔の僕のことを知っている人はビックリします。
それほど僕は、適当に楽しむという言葉は似合いませんでした。
何にでも本気で楽しむことは後回しで、
結果が全てだと思っていたからです。

しかしそんな時って、たいていのことは失敗していました。
今になってみるとなぜあの時に、この言葉が出てこなかったんだろうと思います。

みなさん適当という言葉をどのように感じますか?
適当は真剣にやっていないからよくないと思う人が多いと思います。
しかし実際には適当が1番いいのだと感じるようになってきました。



この言葉は大学時代に友達から言われた言葉です。
うつ病がマシになってきて、ほとんど生活に影響がないくらいになっていた頃に、
自分がまた自分を追い込んで、結果が全てだと感じるようになっていた頃です。
そんな時に、友達から言われて気付きました。

適当に楽しむ


animal_suwaru_d_05.png



適当はいい加減です。
いい加減だといっても悪い意味ではなく、とてもいい意味なのです。
いい加減だと力が入りすぎでもなく、抜き過ぎでもないいい状態なのです。
しかし適当、いい加減と言った言葉は悪い意味で使われることが多いと思います。
適当と言う言葉は、本当はいい意味だと言うことを知ってほしいです。
自分の適当は、自分の持っている力を出してくれる感じです。

人はどうしても真剣になってしまうと、力が入り過ぎてしまいます。
反対に怠けていると力が抜けすぎてしまいます。



人ってやっぱり難しいですよね。
本当に難しいのですが、そんな時にこの言葉を使うといいのです。
適当なので力が入り過ぎず、抜けすぎずの状態になります。
そして楽しむということは、

自分が1番集中している状態なのです


実は楽しむといった言葉もポイントなのです。
楽しんでいると時間があっという間に過ぎていきます。
それは何かに集中しているからなのです。
そしてこの集中は、人の持っている力を引き出してくれます。
よくスポーツ選手は、競技を楽しむと言っていますが素晴らしいことだと思います。
楽しんでいるので集中した状態になり、結果も残せるのです。
逆に結果ばかりを気にしていると、力が入り過ぎになってしまい結果が出にくくなります。

大人になってくると楽しさよりも結果や周りの期待に応えることが大切になってきて、楽しむことはなくなっています。
なかなか結果や成長できないなと感じている時は、楽しいと言う感情を忘れているからかもしれませんね?
それぐらい楽しむと言った感情は、大切になります。

練習や試合を楽しめていないと感じた時は、近くの公園で遊んでみるのもいいですね。
楽しかった感情を思い出すことも出来ると思います。



diet6b.jpg


しかし真剣にすることが悪いことではありません。
もちろん真剣に頑張ってきたから、達成したこともあると思います。
人のよっては真剣にすることが合う人もいれば、
僕みたいに適当に楽しんだ方がいいって人もきっといると思います。
一度きりの人生、自分の思った通りに生きたいですよね。
よかったらこの言葉使ってみてくださいね。
今悩んでいることも適当に楽しむという風に考えると、意外と解決することもあるかもしれません。
自分に合った生き方をして、充実した毎日を送りましょう。

色んな情報がある中、自分に合った方法を見つけることは難しいかもしれませんが、肩の力を抜いて探してみましょう。
きっと楽しい感情が溢れてくると思います。


スポンサード リンク






posted by まっつん at 22:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 自分の心に響いた言葉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック