2019年11月27日

期待をされるとうまくいかないことありませんか?実は○○が原因なのです。


おはようございます、まっつん(@nSDLKWuiKqfm3xr)です。


期待をされるとなぜかうまくいかなくなる。
期待をされていないと時は、何事もうまくいくのにと悩んでいる方多いのではないでしょうか?
僕自身もこれに長い時間、悩まされることがありました。
実際にアスリートでも同じようなことが起こることもありますので、もちろん一般人の僕たちでも同じように起こってしまうのです。

この悩みから解放されるには、どうしたらいいと思いますか?


まず期待をされるときは、どんな時?

他人から見た時に上達だったり、大会でいい記録を出したり、テストで満点に近い点数を出したりと、
期待をするようになりますよね?
反対に期待をされていない時は、全くうまくいっていない時は人から期待をされることは少ないと思います。
僕も誰かの事を期待をする時は、このような状況が多いです。


では期待をされている本人は、どんな心情でしょうか。

「人から期待をされているから頑張らないといけないな」



このようにいつも以上に頑張ることが増えてしまうのです。
期待をされてこの環境をうまく利用できる人はいいのですが、利用できなくこのことがプレッシャーに感じることが多いです。
プレッシャーは、かなりのストレスがかかります。

ストレスがかかっている状態では、なかなか自分のパフォーマンスを上げることが出来ません。
ですので人から期待をされると悪循環で、パフォーマンスがどんどん低下していく人がとても多いのです。
期待をされてうまくいかなくなる原因は、プレッシャーからくるストレスがほとんどなのです。

みなさんも経験はありませんか?
期待をされていない状態で、ちょっとずつ何かを出来るようになります。
そしたら期待をする人がどんどん増えて、なぜか出来るようになっていたことが出来なくなるといった経験は、、、
これもストレスが原因で、出来なくなっている可能性が非常に高いのです。


人からの期待は嬉しいことでありますが、同時に気をつけておかないといけないですね。
人からの期待を受けて、それを裏切ってしまった時も自分に悲しみと辛さが押し寄せてきます。

「あんなに期待をしていたのに、なんで答えてくれないの?」
「もっと頑張ったらよかったのに」


こんな風に言われてしまうと、今まで頑張ったことが無駄なように感じませんか?
僕自身も実際にありました。


悩むス~1.PNG




高校生の時に野球をしていましたが、そのチームは投手がいてなかったので、僕が投げることになりました。
最初の試合でたまたま調子が良くて、いい試合をすることが出来ました。
その時は、期待も何もなくて純粋に楽しむことが出来ていましたがそれ以降、チームに期待をされるようになってからは全くダメになりました。

でも僕は期待をされているから頑張らないといけないと、思うようになり始め無理をするようになっていました。
気付けばあんなに期待をしてくれていた人達が、いつの間にか誰もいなくなって、自分一人だけの世界になっていました。

期待をされて頑張り過ぎて、近寄ることが出来ない雰囲気を作っていたんだと思います。
今思うとそれぐらい自分を追い込んでいたんだと感じるぐらいです。

そして高校生最後の試合でも最初のような期待はなく、自分のパフォーマンスは上がるどころか怪我ばかりで全く成長をしていませんでした。
本当に期待という怖さを実感した高校生活だったと思います。


少し話はそれましたが、期待をされて力に変えることが出来たら、本当にいい状態になると思います。
しかし僕みたいに期待をされて、頑張り過ぎてしまうと何もかもうまくいかない時期を過ごしてしまうのです。
みなさんには僕のような経験をしてほしくないので、少しでも参考にしてもらえると嬉しいです。


illust03.jpg



では実際に期待をされるようになった時に、どうしたらいいでしょうか?
何も意識をしていなくても、人は必ず流れがあるので調子がいい時が来ます。
その時に周りから期待をされるようになって、ストレスになってしまう可能性だってあります。

周りから期待をされるようになってきた時の対処法は、、、

・全部自分の実力ではなくて、運がいいだけだよ


この言葉を使ってみましょう。
そうすると自分の実力ではないと言っているので、周りも自分も期待をあまりしていない助教を作ることが出来ます。
周りはそうすると「あれはマグレだったのか!」と解釈をしますので、それ以降は期待をどんどんかけるよぅにはならないです。

自分に対しても「自分は出来る!」と言った変な力みもないので、プレッシャーやストレスになることはありません。
ここで「次もやってやる!」と思うとプレッシャーになりますよね?
この違いを意識してみると、全く違った環境になりますよ。

ただし一つだけ注意をしてほしいことがあります。
それは、、、

・自分には実力がない

こんな風に思わないようにだけ注意をしてください。
このように思ってしまうと、自分の自信がどんどん低下をしてしまいます。

自信が低下してしまうと、○○をやりたいと思ってもなかなか行動をすることが出来なくなります。
先程の「全部自分の実力ではなくて、運がいいだけだよ」と、口では言いますが、「心の中では出来るようになってきた」と褒めることが大切です。

出来るようになってきたと思えるようになってくると、どんどん挑戦をすることが出来るようになります。
そして何より「〜しないといけない」、「誰かの期待に応えないといけない」このような気持ちになることがありませんので、リラックスをして何事も出来るようになります。

他人から期待をされようと思わなくてもいいです。
その代り自分に少しだけ期待をするというバランスが大切になります。

自分に期待をし過ぎても、プレッシャーやストレスになりますので、「〜出来るようになったらいいな」ぐらいの期待がベストです。
人によっては、このバランスは異なってきますので、自分で確認をしてみるのもいいですね。

僕は「〜出来たらいいな」と思っている時が、一番調子がいいです。
出来なくてもいつか出来るようになったらいいなと常に意識をしていますので、焦ったりストレスを感じることはありません。
そのおかげである程度の事は出来るようになりました。

これも余計な力みやプレッシャー、ストレスがなかったからだと思います。
みなさんもぜひ自分への期待のバランスをチェックしてみてください。
そして他人から余計な期待をかけられないように、気を付けましょう。


反対に自分から誰かに期待をすると言ったことは、ありますか?
ここまで記事を見て頂いて、何となく気付く方もいてると思いますが自分が他人への期待の仕方です。
他人から期待を受けないようにするということは、自分も期待をしない方がいいのかなと感じていませんか?


・自分からも他人に期待をしない方がいいです。


これは無意識に他人にしてしまうのではないでしょうか?
人は誰しも誰かに期待をしてしまい、そしてそれが裏切られるとストレスを感じることがあります。

ですので自分が受ける期待もありますし、人に期待をすることも当たり前のことになります。
これは最初に理解をしてほしいです。


それではなぜ他人に期待をしない方がいいのでしょうか?

みなさんは他人に対して、「こうしてほしい」と思うことがよくあると思いますが、それをしてくれなかった時にどのように感じますか?
おそらく不快に感じ、ストレスを感じるかと思います。

そしてそのストレスの度合いが大きければ大きいほど、その人への対応も変わってしまうと思います。
あんなに期待をしていたのに、なんで動いてくれないのと言う風に、、、、

しかし他人にあまり期待をしていない時は、「まぁいいっか」ぐらいに捉えることが出来るので、ストレスはほとんど感じなくなります。
このような感情を保つことが、大切になります。  

まず他人に期待をしている状態だとこんな感情になることは難しいので、期待を捨てることから始めましょう。
そうするとだんだんと他人に対してのイライラする感情が、少なくなってきて毎日を楽しい気分で過ごすことが増えます。


よく「他人に期待した方がいいよ」と言うことも聞きますが、どうでしょうか?
他人に期待した方が、充実するとも言われていますが、それは反対だと思います。



みなさんはこんな経験はありませんか?


すごく嫌いな先生からある日、褒められるととても嬉しかった


経験している人も多くいてるのではないでしょうか。
すごく嫌いな先生を期待している人は、少なくないですか?
それでも褒められると、普通に褒められるより倍ぐらい嬉しく感じることがあります。


これも期待をしていないから嬉しさを倍、感じることが出来ているのです。
だから期待をしていなくても、喜びを感じることが出来て、充実するということになりますね。

期待をしていない状態だと、その人から何も求めていない状況になります。
何もない時は、これが普通の状態なんだと感じるようになります。
そして何か嬉しいことがあったときに、すごく喜びを感じることが出来るのです。


期待をしない状況でこんなにも楽しい状況を作り出すことが出来ます。
ですので誰かに期待をし過ぎて裏切られることが多いなと感じている人は、期待をしないと言う選択肢もありです。


他人にも自分にも過度な期待をし過ぎている人がたくさんいます。
自分に期待をし過ぎてなかなか結果や成長がついてこないと、自信を無くし頑張りすぎてしまうことがあります。
それがケガや心の病気に繋がってしまうのです。
他人に期待をし過ぎることによって、イライラや不安が積み重なっていきます。
この感情は少しの期間だけなら問題がありませんが、長期間を続くと危険信号です。

ゆっくりと体を蝕んでいき、病気に繋がるケースがあります。
出来るだけイライラした感情や不安を除くためにも、期待をしないまたは期待をし過ぎない意識を持ちましょう。


期待をしなくても楽しく幸せな人生を過ごすことは出来ます。
期待をしていない分、喜びが倍以上になるので期待をしない人生の方が楽しいかもしれません。
僕はこれからも期待をしない生き方を続けていきます。
何が起こるか分からないと思いますが、それを楽しめるようになりたいですね。



スポンサードリンク



posted by まっつん at 18:00| Comment(0) | うつ病になって得たもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: